現在地: トップページ » 騒音がうるさい!壁が薄い賃貸物件を選ばないためのポイント

騒音がうるさい!壁が薄い賃貸物件を選ばないためのポイント

木造よりもコンクリート製

賃貸物件で大きな問題となるのは、騒音です。生活音が響くようだと、落ち着いて暮らしていくことができませんよね。騒音に悩まされないためには、木造の賃貸物件よりもコンクリート製の賃貸物件を選ぶ方が良いでしょう。木造の賃貸物件は、どうしても防音性能が劣ってしまいますが、鉄筋コンクリート造や鉄骨コンクリート造の賃貸物件ならば、ある程度の生活音を防ぐことは可能です。ただ、騒音を防ぐためにコンクリート造の家を選ぶとなると、家賃が高くなってしまうことが悩みどころですよね。木造でも防音加工をしている物件ならば、気休め程度には防音がされているので候補に入れてみてもよいでしょう。

戸境壁の厚さを確認しよう

マンションやアパートといった集合住宅の隣の部屋との間にある仕切りの壁のことを、戸境壁といいます。この戸境壁の厚さは、防音性能と大きく関係しているものです。戸境壁の厚さが薄ければ薄いほど、隣の部屋の生活音はよく聞こえてきてしまいます。反対に厚ければ、なかなか聞こえてきません。一般的な物件においては、防音性能が高いとされている物件の戸境壁の厚さは、180ミリメートルから250ミリメートルとされています。賃貸物件であれば、およそ180ミリメートルの戸境壁があれば、十分防音性を期待できるので、不動産屋に確かめてみるとよいでしょう。

押し入れのチェックもしよう

一見関係ないように感じられますが、押し入れの中での騒音チェックも非常に重要です。押し入れの中というものは、壁が一番薄い場所でもあるため、隣の部屋の音が漏れ聞こえてくることもあります。見学の際に押し入れの中に入り、話し声が聞こえてこないかを確認してみましょう。

江別の賃貸周辺地域は、商業施設が近隣に集まっているので、買い回りしやすい便利な環境です。個人経営の店も多いので、隠れ家的なお店を見つける楽しみもあります。