現在地: トップページ » 家族で落ち着いて住める家づくりをしよう!注文住宅を建てるために考える4つのこと

家族で落ち着いて住める家づくりをしよう!注文住宅を建てるために考える4つのこと

家族の好みに合わせて間取りを決める

家族で家で生活をするときは落ち着いて暮らせるようにしたいもので、間取りをどのように決めるか考えないと後悔することになります。間取りは広く取りすぎるとその分費用がかかり、土地の価格が高くなれば余裕がないため家族で相談して最適な広さにすることが大事です。また、夫婦だけでなく子供がいれば人数に合わせて必要な部屋の数を決め、快適に過ごせるようにする必要があります。このため、家族構成に応じて部屋の数や広さを決め、トラブルが起きないように話し合ってから図面を描くと良さそうです。図面は3Dで表示するとイメージしやすく、家族全員で確かめて納得してから依頼しましょう!

要望を伝えやすい業者に依頼したい…

注文住宅を扱う業者は多いですが、要望を伝えやすいことを確かめて決めないと不安になります。このため、事前にリサーチをして実績だけでなくスタッフの応対など評判を確かめ、コミュニケーションをしやすくしないと困るものです。注文住宅は建売とは違ってオーダーメイドの家になり、個性を出せますが様々な費用がかかり高くなります。業者選びはただ単に知名度だけで決めると依頼が多く、十分に要望を伝えることができないまま工事に着手されることもあるものです。このため、打ち合わせ入念に行い、納得をしてから依頼するように考えましょうね。

長く愛着を持って暮らせるようにする

注文住宅はオーダーメイドの家になりますが、どうしても価格が高く失敗すると大きく損をするためリスクが高いです。家は人生で一番高い買い物で、絶対に失敗したくないと考える必要があります。人生は100年生きる時代にもなり、それまでに建て直せずに住めるように考えて間取りやデザインを決めたいものです。家は外装と内装のバランスが悪いと抵抗があり、リフォームや修繕を依頼するタイミングを決め設備の維持管理をするようにしないと後悔することになりますよ。

老後の生活を安心して暮らしたい…

注文住宅は価格が高く失敗を許されないもので、老後の生活まで考えて間取りやデザインを決めることが大事です。老後の生活はまだまだだと思われていますが、時間が意外と早くたつためイメージをして設備が摩耗しないようにする必要があります。最近では少子高齢化が進み、バリアフリー対策や耐震構造などの需要が高いです。耐震構造でない家は地震が起きると倒壊するリスクもあり、設備が摩耗しやすくなれば様々なトラブルが起きてしまいます。

以上のように、注文住宅を建てる時は紹介した4つのことを考え、家族が満足して暮らせるようにしましょうね!

京都の注文住宅の中には、京都ならではの町家リノベーションや木造建築をメインにする等、自然と暮らす家づくりを行う業者もあります。