現在地: トップページ » 工夫次第?!低予算で行う家造りのコツとは

工夫次第?!低予算で行う家造りのコツとは

自分でできることはチャレンジしてみよう

家造りは、こだわればこだわるほど、予算も膨らんでいくものです。少し手間暇は掛かりますが、工夫次第でかかる費用を抑えることができます。その一つが、自分でできることは自分で行うということです。ただし、工事の工程や他の部分との兼ね合いもあるので、建築会社に相談した上で、進めていくようにしましょう。

自分でできることの一つに、カーテンがあります。設計の打合せをしていく流れで、一緒にカーテンの提案を受けることがあります。雰囲気をよく知っていて、サイズ感などもぴったり合うものを提案してくれるため、つい依頼してしまいがちな項目ですが、カーテン専門店などに自分で足を運んで探すことで、かかる費用を抑えることができます。また、照明器具の中にも、自分で手配することができるものがあります。ダウンライトやブラケットなど、電気配線工事が伴うものは難しいですが、引掛けシーリングタイプの照明器具は簡単に取り付けることができます。照明器具は、お店やインターネットで低価格で購入できるものもあるので、工夫次第で安く抑えることができます。

分業発注して見積もりをとってみよう

造作家具や外構工事など、専門の会社に分業発注できるものは、一度他の会社で見積もりをとってみるとよいでしょう。建築会社から提示されている金額が適正かどうかの判断材料にもなります。相見積もりは、建築業界ではよくあることなので、気にすることはありません。ただし、工程や他との兼ね合いに関しては、建築会社によく相談するようにしましょう。

注文住宅における平均的な建築費用となっている3000万の家では、様々なデザインや間取りの住宅が建てられます。それに加えて、設備面にかなりのお金をかけることも可能です。