現在地: トップページ » 意外と税金はかからないので小規模な別荘を買って非日常体験を楽しもう!

意外と税金はかからないので小規模な別荘を買って非日常体験を楽しもう!

意外と税金は安いので心配はいらない

別荘とは維持費を気にして購入しない選択をする人が多いと言われます。しかし、どんな維持費がどれくらいかかるのかを調べる事なく、諦めてしまうのは勿体ない事です。実は小規模な別荘を購入するのであれば、継続的なコストはわずかなものです。まず毎年の固定資産税は固定資産税評価額のわずか1.4%のため、評価額500万円であれば7万円(10年で70万円・30年で210万円)で済みます。続いて、住民税に関しては、住民票を移さずに一時利用するだけなら高額な所得割を徴収される事はありません。支払うのは所得に関わらず一律徴収されるわずかな均等割のみです。つまり、はじめから予算から一生で支払っていく事になる税金を計算し、それを差し引いた額内で掘り出し物の別荘を購入できれば負担はまったくありません。

高原地帯の別荘地で体験できる事

日本国内においては、標高1000m前後の高原地帯に作られた別荘地が高い人気を誇ります。そして、普段標高0mから100m程度の場所に住んでいる人が、そういった高原地帯の別荘地に建物を建てると様々な非日常体験ができます。例えば、都市部の気温が40度近くまで上昇する真夏でも高原地帯は30度くらいまでしか上昇しません。そのため、真夏なのに基本的にクーラーなしで過ごす事が可能です。また、別荘付近で森林浴をしていれば当たり前のように都会では決して見かける事ができない様々な野生動物を間近で見られます。その他、高原地帯には秋になるとキノコが生えますので、何か収穫出来たらそれをそのまま料理の食材として使用する事なども出来ます。

八ヶ岳の別荘とは、中部地方のふたつの県の境界である、山地に建てられた別荘のことを言います。避暑を目的に購入されることが多いです。